脱毛コラム

アンダーヘアの剃刀と毛抜きでの脱毛と注意点について

アンダーヘアの脱毛方法

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアを剃刀や電動シェーバーで自己処理する方法は、自宅で簡単に行うことが可能です。

けれども、アンダーヘアを剃っても生えてくるので、自己処理する回数が多い傾向にあります。

また、剃る前に肌を保湿せずに行うと、肌を痛めるだけでなく肌のトラブルを招くことになります。

他にも、アンダーヘアは毛抜きで部分的に自己処理を行うこともできますが、剃るのと違って自己処理に時間が掛かります。

その上、毛抜きだと毛が途中で切れてアンダーヘアを完全に抜くことができない可能性もあります。

さらに、毛抜きで広範囲のアンダーヘアの脱毛を行う場合、肌に大きく負担を掛けます。

とはいえ、毛抜きでアンダーヘアの自己処理を行う際は、気になる部位だけの毛を抜くことで短時間で済ませることができます。

ただし、毛抜きは剃刀や電動シェーバーより肌にダメージを与えることになります。

なぜなら、毛抜きは毛だけでなく肌も引っ張るので、肌と毛穴を大きく傷つけるからです。

そのため、アンダーヘアの処理を自己処理で済ませるならば、広範囲を処理するなら剃刀や電動シェーバーの方が適しています。

自力でのアンダーヘアの処理の注意点

自力でアンダーヘアを処理する際は、自分では見えない部分も存在します。

その影響により、肌を傷つけつつアンダーヘアを綺麗に処理することができないという事態に陥ります。

アンダーヘアを自己処理する場合は、広範囲を処理するなら剃刀や電動シェーバーを使い、部分的に処理するなら毛抜きがお勧めとなります。

ワキガになる原因と脱毛施設での脱毛によってワキガが改善される理屈について

脱毛でワキガは治るの?

ワキガを解消した女性
脇には、アポクリン腺とエクリン汗腺の2種類の汗腺が存在します。

そのため、アポクリン腺から出る汗によってワキガになる原因に繋がります。

それは、アポクリン腺から出る汗には水分以外にも、脂質と糖質が含まれているからです。

また、たんぱく質やアンモニアも含まれますが、脇毛をなくすことで雑菌の繁殖を抑えることが可能となります。

脇に脇毛がない状態は、脇毛に雑菌が繁殖できない状態でもあるので、必然的にワキガを改善することができます。

なので、クリニックやサロンに通ってレーザー脱毛や光脱毛を施してもらうと、ワキガの臭いを抑えることができます。

なぜなら、脱毛施設で永久脱毛を受けると脇毛が生えるのを遅くできる以外にも、アポクリン腺から出る汗が脇毛につきにくくなるからです。

その上、脇毛にエクリン汗腺から出る汗がアポクリン腺から出る汗と混じりにくくなるので、脇を清潔な状態に保つことが可能となります。

その影響により、ワキガの臭いを抑える他にも脱毛施設での脱毛を受けるほど、自己処理による脇毛の処理がやりやすくなります。

脱毛施設に通うのがお勧め

ワキガの臭いを改善しつつ脇毛の処理を施したい場合は、脱毛施設に通うのがお勧めです。

脇毛がなくなることで脇が清潔になりつつ、自己処理に割く手間を省くことができます。

けれども、脱毛施設でワキガの臭いを改善する際は、脱毛施設に通うための費用が必要となる上に通い続けることが重要となります。

産後のムダ毛処理を自己処理で済ませる方法について

産後のムダ毛処理は注意が必要

産後の女性
産後は、ホルモンバランスが乱れる影響によりムダ毛が生えやすいです。

そのため、産後だと赤ちゃんの面倒を見る時間だけでなく、ムダ毛処理に割く時間も確保する必要があります。

けれども、ムダ毛処理を脱毛施設に通って済ませようとしても、脱毛施設の脱毛は産後の肌とは相性が良くありません。

脱毛施設となるサロンやクリニックでの脱毛は、光やレーザーを肌に照射してメラニンに反応した部位の毛根を死滅する方法となります。

しかし、産後の肌は敏感な状態であり毛根細胞が機能していないので、光やレーザーが毛根部分に反応しにくくなります。

よって、ホルモンバランスが落ち着くまでは脱毛施設での脱毛を控えることになります。

極力電動シェーバーを使うのがお勧め

ちなみに、脱毛施設に通うと産後のムダ毛処理に剃刀や毛抜きでの自己処理を避けるように言われます。

なぜなら、産後は肌が敏感なので誤った自己処理を施すと、肌のバリア機能を果たす角質層に傷をつけるからです。

その影響により、肌が乾燥したり毛穴が傷つくことで異物が入り込んだりするので、肌が外側からの刺激を受けやすくなります。

さらに、毛抜きは毛を抜くことで毛穴が広がるので、毛穴から雑菌が入り込んで肌のトラブルの原因を招きます。

けれども、剃刀は自己処理のやり方を間違えなければ、毛抜きと違って肌のトラブルに追われずにムダ毛処理を施すことが可能となります。

さらに、電動シェーバーならば剃刀より肌に与える刺激を抑えることができるので、肌荒れに困らされずにムダ毛処理を施せます。

なので、産後のムダ毛処理を自己処理で済ませる場合は、極力電動シェーバーを使うのがお勧めです。

脱毛サロンの勧誘の無難で上手な断り方

脱毛サロンの勧誘

勧誘を断る女性
脱毛サロンはキャンペーン価格で最初は安い値段が多いです。しかし、初回だけ安くて2回目からは高い値段、またはキャンペーンをしていない部位は値段が高く感じることもあります。キャンペーンのしている部位や初回だけを利用したいと思って行っても、最初のカウンセリングの時に契約や他の部位の追加を勧誘されることは多いです。

そんな時に、自由に使えるお金がないなどの経済的な理由を使うとローンなどを勧められる場合もあります。その為値段のことを言うのはおすすめできません。一番無難でおすすめな断り方は、試してみて他のエステサロンと比較して検討したいということです。効果や数日後の肌の調子をみて検討したいと言えばスムーズにお断りができます。今すぐ契約するとお得なことを言われても、数日様子を見てお肌に合っている、続けても大丈夫そうと分かればまた連絡しますとお伝えすると、相手もそれ以上に言うことができません。

注意点

ここで気をつけなければいけないことは、施術中やカウンセリング中にむやみに自分の情報を喋らないことです。自分は働いている、旦那さんの年齢や勤め先の業種、職種といった、世帯の収入が分かられる事は言わないことです。相手に自由に使えるお金があるのだと悟られることで、様々な部位を勧められる可能性もあるからです。世間話をする際には自分の自由に使えるお金がどれだけあるのか悟られないような内容を選んで話すと良いです。

埋没毛とは?できる仕組みと正しい処理方法について

埋没毛とは

埋没毛について考える女性
埋没毛は、毛が皮膚の中にある状態のことです。

脱毛処理後は皮膚が何かしらのダメージを受けています。

体の働きとして、損傷を回復させるためその部分は角質化されます。
そして残った毛根部分も角質化されて、皮膚が被さります。

皮膚の中で毛は成長し、埋没毛と呼ばれる状態になります。

埋没毛の原因

原因は自身での脱毛処理です。

シェービング、毛抜き、ワックスなど、処理後にどうしても毛根が残ってしまいます。

抜く方法でも、毛根から抜けずに毛が途中で切れるということがよくあります。

通常は埋没毛を放っておいても、肌の新陳代謝を繰り返すうちに、埋没毛を覆う角質が無くなり自然に解消されます。

ただ毛嚢炎やメラニン色素の沈着が起こる可能性もあります。

だからと言って自分で皮膚を開くなどして埋没毛を処理すると、悪化しますのでご注意ください。

埋没毛の正しい処理方法

正しい処理方法は、毛に被る角質を上手に取り除くことです。

まずは、スクラブで丁寧に洗う方法が負担が少なくおすすめです。

ピーリングも自分で行えますが肌との相性がありますので、最初は病院で相談してください。
一番の対処法は、専門機関でのレーザーや光での脱毛処理です。

この方法であれば綺麗に脱毛されて、次の毛も生えづらくなりますので埋没毛になる機会も減ります。
埋没毛が多く気になるようでしたら、まずは皮膚科を受診してみてください。