アンダーヘアの剃刀と毛抜きでの脱毛と注意点について

アンダーヘアの脱毛方法

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアを剃刀や電動シェーバーで自己処理する方法は、自宅で簡単に行うことが可能です。

けれども、アンダーヘアを剃っても生えてくるので、自己処理する回数が多い傾向にあります。

また、剃る前に肌を保湿せずに行うと、肌を痛めるだけでなく肌のトラブルを招くことになります。

他にも、アンダーヘアは毛抜きで部分的に自己処理を行うこともできますが、剃るのと違って自己処理に時間が掛かります。

その上、毛抜きだと毛が途中で切れてアンダーヘアを完全に抜くことができない可能性もあります。

さらに、毛抜きで広範囲のアンダーヘアの脱毛を行う場合、肌に大きく負担を掛けます。

とはいえ、毛抜きでアンダーヘアの自己処理を行う際は、気になる部位だけの毛を抜くことで短時間で済ませることができます。

ただし、毛抜きは剃刀や電動シェーバーより肌にダメージを与えることになります。

なぜなら、毛抜きは毛だけでなく肌も引っ張るので、肌と毛穴を大きく傷つけるからです。

そのため、アンダーヘアの処理を自己処理で済ませるならば、広範囲を処理するなら剃刀や電動シェーバーの方が適しています。

自力でのアンダーヘアの処理の注意点

自力でアンダーヘアを処理する際は、自分では見えない部分も存在します。

その影響により、肌を傷つけつつアンダーヘアを綺麗に処理することができないという事態に陥ります。

アンダーヘアを自己処理する場合は、広範囲を処理するなら剃刀や電動シェーバーを使い、部分的に処理するなら毛抜きがお勧めとなります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*