ワキガになる原因と脱毛施設での脱毛によってワキガが改善される理屈について

脱毛でワキガは治るの?

ワキガを解消した女性
脇には、アポクリン腺とエクリン汗腺の2種類の汗腺が存在します。

そのため、アポクリン腺から出る汗によってワキガになる原因に繋がります。

それは、アポクリン腺から出る汗には水分以外にも、脂質と糖質が含まれているからです。

また、たんぱく質やアンモニアも含まれますが、脇毛をなくすことで雑菌の繁殖を抑えることが可能となります。

脇に脇毛がない状態は、脇毛に雑菌が繁殖できない状態でもあるので、必然的にワキガを改善することができます。

なので、クリニックやサロンに通ってレーザー脱毛や光脱毛を施してもらうと、ワキガの臭いを抑えることができます。

なぜなら、脱毛施設で永久脱毛を受けると脇毛が生えるのを遅くできる以外にも、アポクリン腺から出る汗が脇毛につきにくくなるからです。

その上、脇毛にエクリン汗腺から出る汗がアポクリン腺から出る汗と混じりにくくなるので、脇を清潔な状態に保つことが可能となります。

その影響により、ワキガの臭いを抑える他にも脱毛施設での脱毛を受けるほど、自己処理による脇毛の処理がやりやすくなります。

脱毛施設に通うのがお勧め

ワキガの臭いを改善しつつ脇毛の処理を施したい場合は、脱毛施設に通うのがお勧めです。

脇毛がなくなることで脇が清潔になりつつ、自己処理に割く手間を省くことができます。

けれども、脱毛施設でワキガの臭いを改善する際は、脱毛施設に通うための費用が必要となる上に通い続けることが重要となります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*